SEO対策:笑い :画像 :ネタ :広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界の中心で選挙を見つめる

出口調査ってのはあまり信用できないものなんですが。。









今回は違うようです
正確ではないにしろ、どのTVを見ても自民党議席300超の数字が。。。

では簡単に自分なりにポイントを見ますか、(まだ9時だけどwww)

① とりあえず国民の意見は「郵政民営化賛成」
    決して自民党を応援しているとは限らないかも。。

② 圧勝したからといって自民がまとまっていけるわけではない
    今回は郵政選挙とみている有権者が多い→郵政意見以外でまとまっていけるか不安要素

③ 期待はいっそう膨らみ、期待はずれにならないように。。してください自民党ww

④ 少ないからこそ野党になった人に期待!
    少数精鋭である野党=結束しやすいかも。。。うまく自民党にふんぞりかえらせないようにムチを求む(´∀`)

⑤ 有権者はこれで一息つかずにこれ以降もっとしっかり政治を見つめて!
    選挙がすべてではありません。それを政治家にわからせることができる国民に私はなりたい。。。



まぁいまのところはこんなところです☆みなさんの意見求む!!

よかったら僕の意見と将来に一票を→

スポンサーサイト

2005年09月11日 9・11選挙 トラックバック(1) コメント(0)

いよいよ明日!!

みなさん、もう選挙で投票する人、党はお決まりでしょうか?

ボクも明日メルヘン(バイト)が終わったら投票しに行きます(V)o\o(V)

どこのサイトだか忘れてしまいましたが
小泉さんが秋葉原を訪れたことを取り上げていました
パソコンヘビーユーザーことオタクの存在が選挙にまで影響を及ぼしているようです
まぁあたりまえといえばあたりまえですよね
ネットの急速的な発展に一番追いついていないのはおそらく政治家かと。。

あ、いま親と話してて思ったんですが、
投票率はもちろん今回注目ですよね
それとともに、結果を見守るTV・ネットの視聴率もけっこうな記録になるんでないでしょうかσ(゜∀゜)




   家族で国の行方を見守る。。。。




なんだか少しうれしくなりましたwww



しかしこれだけ注目が集まるのだから
この選挙でもし小泉さんが勝ったら
小泉さんには「勢いでいってしまえ」的なことはしないでほしいです
小泉自民党に期待して投票した人を裏切らないように
そして国民の生活をさらに良くして
歴史に名を刻んでいってほしいと思います


断固たるあつしのささやかな期待とお願いおしまい☆
(*´ω`*)



あなたの一票がボクを動かす↑

2005年09月10日 9・11選挙 トラックバック(1) コメント(5)

郵政民営化の背後

今日は郵政民営化を考える上で非常に大事な国債について考えてみる。

郵政の新会社を設立する際に経営の面でとある問題がある。それはいままでやっていなかった貸出し業務をやるかどうかである。ふつうの銀行は決済機能と融資機能をあわせもつが、必ずしもそうしなければならないというわけではない。

決済機能のみの銀行のことを「ナローバンク」という。ナローバンクの長所としては預かったお金をすべて短期国債などで運用するのでリスクは低い。しかし高い収益性は期待できない。もし真の民営化を目指しているのならナローバンクにするべきではない。

しかしここで国債に関して問題が浮上する。民営化でほかの資産に手を出すと、いままで公社が保有していた国債をどこに持たせるか?という問題である。もし受け皿がなくなると、長期金利は上昇し、不況に陥る恐れが出る。

受け皿なくなる→国債価格が下がる→国債金利があがる→政府の財政赤字が増える。。。また新たな穴埋め国債の発行!
要はこうなってしまうのを恐れているんです、ナローバンク推進派は。



まぁここまでいろいろ国債やらナローバンクについて言ってきましたが、
郵政民営化にはこういったさまざまな複雑な仕組みと思惑がこんがらがっていることを覚えておいてくださいな☆

選挙ってのは若い人から年寄りまでいろんな人の票を獲得する目的でやっているので、わかりやすくてとっつきやすいことしか政治家は言いませんが、実は民営化ってのはこういう複雑だってことを少しでもわかってもらえたら幸いです。

ほかにもいろいろとあるんですが今日はここまで。あー疲れた(笑)


参考→郵政民営化HP

2005年09月06日 9・11選挙 トラックバック(0) コメント(0)

今日のアイデアさんいらっしゃ~い

そろそろ選挙ですねぇ(*´д`*)

ということで選挙まで数日間郵政民営化などのことについて大学で学んだことなどを中心にみなさんにお届けしていきます☆ あくまでも個人的な意見がほとんどなので若干偏りは見られると思いますが、「こういう考えもあるのか」程度にお考えください。ちなみに参考文献として、櫻川昌哉先生の「金融立国試論」をあげておきます。


基本的にボクは郵政民営化賛成です。
理由はただひとつ。いままでの郵政は非効率極まりないからです。
お金を集めるだけ集めといて、使うところは政府系金融機関や国債、特殊法人などである。これらはもちろん国の機関なわけで、利益をだそうという目的よりも経済や金融がうまくまわるように補助・補完する目的意識が強い。なので利回りはよくないのだ。しかし郵便貯金はなんと238兆円もあるのだ!民間銀行総計の約半分もある!らしいです。それをどう使おうと、投資に失敗しようと、赤字が出ようと(実際に数兆円の規模で赤字)、国の保証がある郵政には「債務による規律づけ」が働いていないのでいいかげんな経営体質となってしまう。失敗したらつぶれると思って初めて努力をするのが人間であろう。

つまり投資に失敗したらつぶれる仕組みが必要だから民営化させる必要があるのだ。細かいことはともかくコレが郵政民営化賛成の土台である。

今日はこれでおしまい☆

みなさん選挙には行きましょうー(*´ω`*)

2005年09月04日 9・11選挙 トラックバック(0) コメント(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。